土地活用

土地の有効活用は「シンセイ」のコンサルタント

不動産コンサルティングとは

相談・助言または顧問
不動産の所有・取得及び処分・管理等につき適切な有効活用・利用に対し、
助言・相談等の業務または特定の不動産投資顧問等に関する業務をいいます。
調査・分析・企画・提案
不動産の有効活用・利用等に関し、コンサルティングの専門家として、知識や経験を生かし必要な調査・分析等を行い公平、且つ客観的な立場から不動産の利用・管理・事業・経営・活用等について、依頼者の求めに応じて最善の選択や意思決定を適切に行えるように企画・提案する業務等をいいます。
事業の実施
依頼者の求めに応じ、上記に関する事業企画や実施計画に基づく、事業の実施・運営の推進などを行う業務をいいます。
不動産コンサルティング技能登録者とは
宅地建物取引士、または不動産鑑定士の有資格者で、5年以上の業務経験を有する人達を対象に、経済・金融・税制・法律・建築・事業及び実務等の多岐にわたる国土交通大臣認定に基づく試験に合格し、且つ、登録を行った者達をいいます。

主な業務内容

土地所有者が独自で土地を有効活用する場合
◆土地賃貸に関するアドバイス
◆活用方法(貸事務所・貸店舗・賃貸住宅等)の相談
◆設計・建築・管理各種申請等に関するアドバイス
◆事業収支並びに資金調達に関するアドバイス
土地所有者が第三者と、共同で土地を有効活用する場合
◆事業方法〈等価交換・事業受託・土地信託〉等の事業手段についてのアドバイス
◆事業立案・調査企画及び事業収支・資産運用等のアドバイス
土地所有者が相続税対策や資産運用上、不動産の処分、取得をする場合
◆保有資産の価値査定や、売却・取得方法に関するアドバイス
◆相続時における資産売却に関するアドバイス
◆資産運用上に関する収支バランスや、投資効率のアドバイス
不動産の賃貸借やその他不動産に関わる問題についてアドバイスが欲しい場合
◆借地・借家契約等から生ずるトラブルに関しての権利調整のアドバイス
◆隣地境界線紛争に関するアドバイス
◆不動産の賃貸借に関する契約方法・資料設定・管理方法のアドバイス
◆その他不動産一般についてのアドバイス

トータルコンサルティングのしくみ

調査及び分析 関係分野との調整 プランニング
調査及び分析
物件特性
・面積
・地形
・道路
・地質
・設備
地域特性
・交通
・周辺施設
・街並
・周辺環境
法的規制
・都市計画
・建築基準
・農地法
・自治体条例
・指導要綱
市場動向
・事業適正
・事業規模
・マーケティング
・不動産価格
・賃貸相場
権利関係
・所有権
・賃借権
・物件
・借地借家
・共有区分
・抵当権
その他
・民法
・税制
・登記
・物件表示
関係分野との調整
・不動産鑑定士(鑑定評価)
・公認会計士(監査)
・税理士(税務)
・弁護士(法律)
・建築士(建築技術)
・司法書士(登記)
・土地家屋調査士〈測量・表示〉
プランニング
・有効活用の検討と企画
・有効市場と投資分析
・諸法規の調査と権利調整
・資金調達・運用計画作成
・利益制と税務対策の検討
・事業計画書の策定
・事業実施と管理体制

コンサルティング実例

クレオホール様
ワークマン様
ニトリ様
クスリのアオキ様(2店舗)
ウエルシア様
住友生命様
ホテル&リゾート
マンション
アパート
ファミリーマート様
コインパーキング
テナントビル
高齢者施設
貸家
月極駐車場
ページ先頭へ